つくり人の舞台裏
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SHOP | Atelier at Work December 2018 | main |
LARA VINTAGE

 

 

SHOE&SEWNアトリエの2Fに構えるSHOP "Atelier at Work"は、職人の手仕事を感じながら、世界観を共にするブランド・ショップのアイテムをご覧頂けるお店として始動しました。

 

今回は、Atelier at Workにヴィンテージウェアを並べて頂いているLARA VINTAGEを改めてご紹介させて頂こうと、訪ねて参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

S__31227942.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ各地より一つ一つ厳選して集めた1800’s-1930’sのアンティークアイテム、1930’s-1990’sのヴィンテージアイテムが並びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

La Bouquetiere Lolaのブーケもさりげなく

 

S__31227934.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S__31227933.jpg

 

手仕事という事が現代のように嗜好品ではなく、日常であった時代の品物には、それを着用していた人の営みや、繕った人の丁寧な仕事ぶりが伺え、物の背景に広がる物語が目の前に現れるようで、何時間でもその思いに浸っていられます

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2階へあがると

 

S__31227935.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

関西ではあまりお取り扱いのないブランド

GARMENT REPRODUCTION OF WOKERSのアイテムや

 

 

 

 


 

S__31227939.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今や希少性が高くなり、ヨーロッパのマーケットでも価格が高騰しているBURBERRYのトレンチコートやワーク系のアイテム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リネンのインディゴスモックやマキニョンコートなど、珍しいアイテムが並ぶ品揃えで、1階の日常的に着やすいヴィンテージアイテムとはまた趣が違うセレクトとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

S__31227932.jpg

 

 

 

 

 

S__31227941.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

この中から、Atelier at Workにはテイストの合うワーク系のアイテムを一部置かせて頂いており、そちらのウェアも今後少しずつご紹介させて頂けたらと思います。

 

 

SHOE&SEWNのデザイナー自身、ヴィンテージウェアを日常的に着用しており、生地、作り、雰囲気といった部分で、現行品とはまた違う魅力を感じております。

ヴィンテージウェアと現行品、そういったそれぞれの良さを掛け合わせながら、装う事の楽しさを感じて頂けると、ワードローブの幅が広がるかと思います。

 

LARA VINTAGEにもぜひお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LARA VINTAGE

大阪市西区南堀江1-12-20
TEL 06-6643-9684
OPEN 12:00〜20:00

 

S__31227943.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Hand made shoe maker

[SHOE&SEWN]

tel/fax 078-881-0806

 


H.P.
http://shoe-and-sewn.jp

 

Instagram

https://www.instagram.com/shoeandsewn/

 

E-mail address
shoeandsewn@gmail.com


 

COMMENT









Trackback URL
http://shoe-and-sewn.jugem.jp/trackback/287
TRACKBACK