つくり人の舞台裏
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フランス行進曲 | main | 松の内のウチに >>
大節季
 




ひとしきりの行事ごとを滞りなく終え、思い起こす事なく年をまたげそうです。

今年は年始から例年にない機運を感じ、それを帆に溜めて推進出来たので、

飛躍の一年となりました。

いつもながら多くの方に支えられ、応援して頂いていて、その気持ちに報いる為にも、

立ち止まらず少しでも歩を進める事が、感謝の表しと受け止めて頂ければ幸いかと思います。



来年の目標は、年々溜まり続けている、to Doリストの項目をこなして減らしたいと思います。



やりたい事と、やらなければならない事が、年齢を重ねる事に増えていき、

時間を圧迫していくが、気力と体力が伴い、無理が効くのも今のウチ。

いずれ放っておいても無理は効かなくなるので、そうなる前にやりたい事はやってしまおう。





















逡巡は一瞬のとまどい

 決断は刹那のひらめき

















































本年も大変お世話になりました。

みなさまにおかれましては、お体ご自愛下さいまして、健やかに年の暮れを

お過ごし下さいませ。
























Hand made shoe maker

[SHOE&SEWN]

tel/fax 078-881-0806

H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
E-mail address
shoeandsewn@gmail.com










COMMENT









Trackback URL
http://shoe-and-sewn.jugem.jp/trackback/210
TRACKBACK