つくり人の舞台裏
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 別注 | main | 大節季 >>
フランス行進曲
 



思いというものは願い、そして、公言していると叶うものなのかと、

まざまざと実感致しました。

"興奮未ださめやらぬ・・・"


今日は知人の粋な計らいのおかげで、兼ねてよりお会いしたいと思っていた、

フランス政府認定、人間遺産の靴職人にお会い出来ました。


彼の事は以前よりとても興味を抱いており、パリに赴いた際は、是非お会いしたいと

思っていた靴職人の方だったのですが、工房自体が買収されてしまい、フリーランスの

状態ではなくなったので、もう会う事も叶わないか、と諦めかけていた折に知人から、


「今度オーダー会で来日するみたいだから、会わせてあげようか?」


エッ?エッ?エエーーーッ!!!


と、全く予期せぬ方向からの打診で、晴天の霹靂とはまさにこの事でした。

いや、追っかけをする人の気持ちが、よくよく理解出来ました(笑)





彼は16歳にして、フランスの職人訓練組織「コンパニオン・デュ・ドゥヴォワール」に入り、

フランス各地で修業を積み、いくつかの工房を経てから、2004年にパリにショップを

オープンされました。

今年で37歳を迎えるそうですが、その若さで既にキャリア20年のベテランの域に

達しており、何よりもその作られる靴の、美しさと上品でノーブルな佇まいが、

全てを物語っているように思われます。



そして、ここ最近強く思うのが、やはり手仕事を通して作られるモノは、

その人となりというモノが、作品には色濃く滲みでます。



彼の作る靴には、その美しさや気品もさる事ながら、ぬくもりや優しさ、そして、

人間的な情緒を感じ取る事が出来たので、より強く惹き付けられ、今日実際に

お会いして、

『靴から感じられた事が間違っていなかった』

と、実感致しました。
























































































































彼の仕事ぶりが伺える動画が掲載されているので、興味のある方はぜひ見て頂きたい。



Partie 1 
http://www.youtube.com/watch?v=rOR_-S3yYnQ

Partie 2
http://www.youtube.com/watch?v=qkpqG2zZOiI



無駄なく淀みない一連の作業からは、技術の高さ、早さ、正確性。そして、全てを包み

隠さず投稿しているところからも、技術に対する揺るぎない自信の表れを感じられる。



さらに、急に押し掛けたにも関わらず、本当に親切丁寧に話しかけて下さり、

こんなに気さくで良い方は、今まで巡り会った事がない程でした。


なんだか文章にすると少し陳腐ですが、この感動は言葉では言い表せません・・・







































終始笑顔で、この笑顔が全てを物語ってくれています。

やはり、一流の人はその人柄も一流であり、だからこそそこまで辿りつけた

のだと、肌で実感致しました。






























メッセージ入りのこのラストは家宝モノです。














靴を愛してやまない、それを共有出来る人は国境を越えられるのだと、

教えて頂けました。


とても光栄なご提案で、ヨーロッパに赴いた際は自宅の工房にも招待して下さるようですし、

来年はその夢も叶えたいと思います。




関係者の方々には、無理を聞いてこの場を設けて下さった事に、心より感謝致します。


























"Longue Vie aux Bottiers"

avec mes remerciements pour Suginari



心からの感謝と共に、

ボッティエとして息の長い職人人生を送ってください



























Hand made shoe maker

[SHOE&SEWN]

tel/fax 078-881-0806

H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
E-mail address
shoeandsewn@gmail.com



COMMENT









Trackback URL
http://shoe-and-sewn.jugem.jp/trackback/209
TRACKBACK