つくり人の舞台裏
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 道具 | main | Swirl × Swan >>
GARA×GARA
 






今日はガラキチさんが遊びに来てくれました。


柄 on 柄 with 原色

 
夏男じゃない自分には真似出来ない離れ業をサラっとやってのける、愛知出身のK女史。


ベージュのステンカラーコートの下には、まばゆいばかりの太陽のようなニットが

潜んでました。

愛知県人は噂にたがいませんわ(笑)




そして、古着屋で見付けて古靴のようになったコチラをメンテナンスに






















































元はコレ





















ひと夏でこうなったようです。くたびれ方に夏の思い出が詰まっています。

グッバイ! SUMMER DREAM
















































次のオーダーは、このモデルのK女史ならではというカラーリング。

きっと彼女なら乗りこなしてくれると思います。































Hand made shoe maker

[SHOE&SEWN]

tel/fax 078-881-0806

H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
E-mail address
shoeandsewn@gmail.com




























COMMENT









Trackback URL
http://shoe-and-sewn.jugem.jp/trackback/206
TRACKBACK