つくり人の舞台裏
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 如月 | main | manicolle tokyo Vol.18 >>
Gillie Shoes
 

「Gillie Shoes」

スコットランドの民族靴がデザインの起源で、独特の鳩目の意匠が様々な

靴のデザインにも取り入れられています。


先日ご注文頂いた靴で、今日では紳士靴の定番デザイン「ギリーシューズ」を、

もう少しイメージを柔らかく女性的にし、かつ、大人の女性の方でしたので、

使う素材も軽く柔らかく、底材もスポンジをあしらったコンフォートシューズ

での依頼でございました。


具体的なデザインイメージを持たれていて、さらに当工房のレディースの

既製ラストでフィッティングは問題なかったので、デザインのみでの

イージーオーダーとなりました。











































アッパーは

「軽く。柔らかく。上品に。」

まるでイマドキの軽自動車の触れ込みみたいですが(笑)それに合わせて

イタリア製のベビーカーフを使い、ライニングにも薄くて丈夫な馬革を使用致しました。










































コンフォート仕様なので、縦と横のアーチサポートの為、ペロッテとクッション材の

付いたインソールを挿入して、アクティブに歩き回れるように配慮しております。










































履き口回りにも、スニーカーのようなスポンジをあしらったご要望があり、

ギリーとのアッパーデザインの設計に工夫が必要でした。











































履き口回りのスポンジや、船底型になったスポンジソールという仕様だと、

どうしてもスニーカーっぽくなりカジュアルになってしまうので、

芯材が入っている箇所はワックスで鏡面加工を施し、見た目は

エナメルレザーのように仕立てる事で、カジュアル過ぎない大人の方でも

品よくお履き頂けるコンフォートシューズに仕上がったかと思います。


納品の際にも大変喜んで頂けまして、光栄にございます。

ありがとうございました。




























神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN

tel/fax 078-881-0806
H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
e-mail address
shoeandsewn@gmail.com





































COMMENT









Trackback URL
http://shoe-and-sewn.jugem.jp/trackback/174
TRACKBACK