つくり人の舞台裏
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 展示会のご案内 | main | Gillie Shoes >>
如月
 

2月に入り、ここ2、3日は春の息吹を感じさせる暖かさに、心も高揚して

まいりますね。

今月は東京での展示会や西宮阪急での催事が控えており、

今年最初に迎えるイベントで、出色な成果を期待したいところです。


さて、先日納品させて頂きました靴のご紹介を。


こちらのお客様は、知人の靴屋さんから紹介を受けてご注文を下さった

経緯があり、同業者の靴屋さんから紹介を受けてお作りさせて頂けた事は、

大変光栄で職人冥利に尽きます。












































甲が高く、ワイズ回りもシッカリされて、頑丈な足をされた方でしたが、

スーツの際に履かれる靴で足に合うモノがなく、シャープなフォルムを

求めてご注文頂きました。










































マッケイ製法


軽く華奢なイメージに


































































ドイツ製 アニリンカーフ

Semi Orderにて












































今回のご注文は様々な方にお世話になりお作りさせて頂きました。

人のつながりや出会いというモノは、どこでどう繋がるか分からない

モノで、打算的であるとそのリレーは途切れてしまうと思うので、

出会いを設けて下さる事に本当に有難く思います。


























神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN

tel/fax 078-881-0806
H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
e-mail address
shoeandsewn@gmail.com












COMMENT









Trackback URL
http://shoe-and-sewn.jugem.jp/trackback/173
TRACKBACK