つくり人の舞台裏
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 残り福 | main | お茶会のお誘い >>
アンティークな佇まい
 







靴屋なのでちゃんと靴のお話しを。

コチラのお客様は以前にお作りさせて頂きました方のご紹介で、

某有名メーカーの風貌に、というご注文内容でございました。










































お若いのにかなりの靴好きで、お持ちの靴も吟味された良い靴ばかりコレクション

されており、修理でお持ち頂く際に靴がピカピカに磨かれ、手入れが行き届いて

いるので、本当に感嘆致します。















































製法はハンドソーンウェルテッドになり、アッパーの縫製もレディースのエレガント

シューズに使われるような糸の番手で、ピッチも細かくクラッシィに。















































雰囲気はオリジナルにだいぶ近づけられたかと。













個人的には一般的なメンズのドレスシューズの概念にある、エレガントやクラシック

といった趣向よりも、アンティークな風合いを醸し出せれば、より面白いかと思っております。
























































神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN

tel/fax 078-881-0806
H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
e-mail address
shoeandsewn@gmail.com










COMMENT









Trackback URL
http://shoe-and-sewn.jugem.jp/trackback/170
TRACKBACK