つくり人の舞台裏
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Swirl × Swan
 






先日のブログでも紹介した、紳士靴の注文品が仕上がって参りました。















知人から頂いた2足目の注文になり、

「デザインは任せる」

と言われていたので、ある程度好きにやらせて頂きました。


紳士のドレスシューズであれば、ラテンノリの感じられる靴が好みなのですが、

やり過ぎず、控えめに、でも主張的で品の良さが香る、フレンチなスタイルが

個人的には好きだったりします。


そして、当工房のお客様に多いのが、

「コバの張り出しは少なく、スッキリとしたノーブルな表情のモノが良い」

とご要望される方が多いので、必然的にマッケイ製法を選択する事が多くなります。


当工房のスタイルとしては、ダシ縫いの手縫いであったり、ベベルドウエストといった

作りの部分のスペックを売りにするスタイルではなく、ラストのフォルムとデザイン性、

そして、そこから掛け算で構築されていく全体の雰囲気を重視しており、

あくまでデザイン先行型で、その到達点に必要な工作性を取捨選択している。

だから極端にいえば、グランドデザインを設計した段階でやむなければ、

セメンテッド(接着だけの底付け方法)でも構わないとも思っている。













































ただ、マッケイ製法だとアッパーと本底との間に立体感がなく平坦で、

感覚的な表現をすると、

「アッパーに底がノペっと貼り付いた」感じで安っぽくなり、ウェルテッド靴のような

「本底にアッパーが乗っかった」立体感に乏しい。

そこで、その立体感を出す為に、中底や本底にはちょっとした仕掛けをして、

マッケイ製法だが立体的になるように工夫を凝らしている。















































そして、マッケイ製法の特長である、軽快さやソールの返りの良さという点で

優れている半面、ソールが薄く歩行時に地面からの突き上げを感じるので、

柔らかい素材を使ったダブルソールにする事で、マッケイ製法の特長を残し

つつ衝撃を緩和している。
















































アッパーには、Swirl(スワール)と呼ばれる、二本の線がそのままトウまで落ち込んでいく

デザインを、手縫いで施している。

このデザインの良いところは、モカシンと同様に、足が細く長く見える視覚的効果があり、

ラスト自体のトウを長く伸ばさなくても、スタイリッシュに見える利点がある。

ラストの捨て寸を長くし過ぎない事で、クラシックな趣を醸し、よく街で見かけるデザインで

ありながら、イマドキ感が出ない。

量販店で売られているスワールデザインの靴は、トウを細くする為に、無理に捨て寸を伸ばし、

それが全体のバランスの破綻を招いている。























































































Making : Mckay process

MaterialFrench Box Carf  #Antique Finish



















二足目でフィッティングが向上した事もあり、デザイン同様大変喜んで下さり、

次のご注文もして頂きましたが、現状発注が山のように溜まっているので、

ちょっと気長にお待ち頂ければと・・・


ご注文ありがとうございます。
























Hand made shoe maker

[SHOE&SEWN]

tel/fax 078-881-0806

H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
E-mail address
shoeandsewn@gmail.com

























Client Shoes
 








Category : Semi order shoes















































































































































Making : Mckay process

Material : Germany Aniline Carf






















Hand made shoe maker

[SHOE&SEWN]

tel/fax 078-881-0806

2-3-7,Kishichi-St.,Nada-Ward.Kobe-City,
Hyogo Prefecture 657-0832 Japan

H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
E-mail address
shoeandsewn@gmail.com





















Gillie Shoes
 

「Gillie Shoes」

スコットランドの民族靴がデザインの起源で、独特の鳩目の意匠が様々な

靴のデザインにも取り入れられています。


先日ご注文頂いた靴で、今日では紳士靴の定番デザイン「ギリーシューズ」を、

もう少しイメージを柔らかく女性的にし、かつ、大人の女性の方でしたので、

使う素材も軽く柔らかく、底材もスポンジをあしらったコンフォートシューズ

での依頼でございました。


具体的なデザインイメージを持たれていて、さらに当工房のレディースの

既製ラストでフィッティングは問題なかったので、デザインのみでの

イージーオーダーとなりました。











































アッパーは

「軽く。柔らかく。上品に。」

まるでイマドキの軽自動車の触れ込みみたいですが(笑)それに合わせて

イタリア製のベビーカーフを使い、ライニングにも薄くて丈夫な馬革を使用致しました。










































コンフォート仕様なので、縦と横のアーチサポートの為、ペロッテとクッション材の

付いたインソールを挿入して、アクティブに歩き回れるように配慮しております。










































履き口回りにも、スニーカーのようなスポンジをあしらったご要望があり、

ギリーとのアッパーデザインの設計に工夫が必要でした。











































履き口回りのスポンジや、船底型になったスポンジソールという仕様だと、

どうしてもスニーカーっぽくなりカジュアルになってしまうので、

芯材が入っている箇所はワックスで鏡面加工を施し、見た目は

エナメルレザーのように仕立てる事で、カジュアル過ぎない大人の方でも

品よくお履き頂けるコンフォートシューズに仕上がったかと思います。


納品の際にも大変喜んで頂けまして、光栄にございます。

ありがとうございました。




























神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN

tel/fax 078-881-0806
H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
e-mail address
shoeandsewn@gmail.com





































如月
 

2月に入り、ここ2、3日は春の息吹を感じさせる暖かさに、心も高揚して

まいりますね。

今月は東京での展示会や西宮阪急での催事が控えており、

今年最初に迎えるイベントで、出色な成果を期待したいところです。


さて、先日納品させて頂きました靴のご紹介を。


こちらのお客様は、知人の靴屋さんから紹介を受けてご注文を下さった

経緯があり、同業者の靴屋さんから紹介を受けてお作りさせて頂けた事は、

大変光栄で職人冥利に尽きます。












































甲が高く、ワイズ回りもシッカリされて、頑丈な足をされた方でしたが、

スーツの際に履かれる靴で足に合うモノがなく、シャープなフォルムを

求めてご注文頂きました。










































マッケイ製法


軽く華奢なイメージに


































































ドイツ製 アニリンカーフ

Semi Orderにて












































今回のご注文は様々な方にお世話になりお作りさせて頂きました。

人のつながりや出会いというモノは、どこでどう繋がるか分からない

モノで、打算的であるとそのリレーは途切れてしまうと思うので、

出会いを設けて下さる事に本当に有難く思います。


























神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN

tel/fax 078-881-0806
H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
e-mail address
shoeandsewn@gmail.com












アンティークな佇まい
 







靴屋なのでちゃんと靴のお話しを。

コチラのお客様は以前にお作りさせて頂きました方のご紹介で、

某有名メーカーの風貌に、というご注文内容でございました。










































お若いのにかなりの靴好きで、お持ちの靴も吟味された良い靴ばかりコレクション

されており、修理でお持ち頂く際に靴がピカピカに磨かれ、手入れが行き届いて

いるので、本当に感嘆致します。















































製法はハンドソーンウェルテッドになり、アッパーの縫製もレディースのエレガント

シューズに使われるような糸の番手で、ピッチも細かくクラッシィに。















































雰囲気はオリジナルにだいぶ近づけられたかと。













個人的には一般的なメンズのドレスシューズの概念にある、エレガントやクラシック

といった趣向よりも、アンティークな風合いを醸し出せれば、より面白いかと思っております。
























































神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN

tel/fax 078-881-0806
H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
e-mail address
shoeandsewn@gmail.com










Trial shoes
 







トライアルフィッティングの為だけの靴

























採寸で計測した、データ以外の有機的な情報を得る為にも欠かせない作業。

ラストの補整のフォルムやパターンのバランスなど、毎回新しい靴を作っている

事になるので、細部の精査をルーティーンワークにし、精度を上げていく事で

独自のデザインが描けるようになるのではないかと思っている。    
















神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN

tel/fax 078-881-0806
H.P.
http://shoe-and-sewn.jp
e-mail address
shoeandsewn@gmail.com